転職を心に決めたならエムスリーを活用しよう

様々な職業

マネージメント能力

作業員

全体を把握する力

建築現場で必ず必要とされる人と言えば、どんな役割の人だと思いますか。建物自体をデザインする一級建築士や現場で働く作業員、その他に欠かせないのが「現場監督」です。現場監督とはその名前の通り現場を取り締まるリーダーポジションの人の事です。誰に何をさせるか、作業の指示を的確に行うだけでなく作業の効率化や時間内に進める力が必要となります。現場監督の求人はそんなに多くないのが実情です。なぜなら現場監督になるには現場での経験が不可欠である為、ある程度年数を経験した人がステップアップする業種だからです。求人欄で現場監督を見かける時によく求められる資格として、危険物の取り扱いや溶接などが挙げられます。現場で作業をするのに必要なスキルはいわば現場監督は持っていて当たり前と言われる最低限のラインです。他にも、施工管理の資格や経験があるとすぐに現場に出ても活躍出来る可能性が高いです。資格が多いほどに採用される可能性は高くなるので、持っている資格は全てしっかりとアピールしましょう。現場監督の求人にも様々な種類があります。会社などのビルを得意とする会社や、商業施設を得意とする会社などです。年齢の平均的には30代の人が多く、体も普段から鍛えていて体力がありメンタルも強い人が多く見られます。求人の探し方として重要なのが、給与面の他に「場所」です。現場はクライアントにより変わるため、通勤可能な範囲なのか、社用車は使えるのかなど事前に確認しておくと安心です。